• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフのアドレス時の適切なボールとの距離・位置とは?

アドレスに入る時、ボールの左右の位置をしっかり気にするゴルファーは多いですが、ボールとの距離はなんとなくで構えてしまっている人もいるようです。

ボールとの距離は、正しいスイングができるかどうかに影響し、飛距離などに差が出てしまいます。

ここでは、ボールとの距離や左右の置き場所によって変わる影響について説明し、正しい距離、位置を紹介します。

■ボールとの距離は「近すぎず遠すぎず」

ボールと体との距離は、「Aさんは背が大きいから◯cmがベスト」「Bさんは左打ちだから◯cmが良い」というような、個人差によって決まるものではありません。

アドレスをとった際に、腕が曲がらず、それでいて腕がまっすぐピンと伸び切ってしまわない距離がベストになります。

これがボールに近くて少し腕が曲がった状態ですと、窮屈な状態なので、スムーズなスイングができません。

また、ボールから遠くて腕が伸びた状態だと、体をしっかりボディターンさせて、回転力を伝えるスイングができず、手打ちになってしまいます。

つまり、「近すぎず遠すぎず」が理想なのです。

■ボールの位置(左右)はクラブによって異なる

ボールを置く位置(左右)は、両かかとを結ぶ線の中心から、直角に伸びたラインが中央となります。

ボールを中央に置くのは、初心者の練習に最も適していると言われる、7番アイアンとなります。

そして7番アイアンを基準に、飛距離の出るクラブに番手を上げるにつれボールの位置は左足のつま先の方へと移動し、逆に番手を下げると右足のつま先の方へと移動させます。

ドライバーでは、左足のつま先より少し内側、左脇の真正面が良いとされます。

また、ピッチングウェッジでは、ドライバーほど中央からボールの位置は動かさず、ボール1個分ほど右に動かした場所が良いでしょう。

■クラブの長さにあった位置にボールを置く

なぜ、クラブによってボールの位置を変えるのかと言うと、クラブのシャフトの長さが異なるからです。

長いドライバーでは、左側でインパクト、短いピッチングウェッジでは右側でインパクトする方が、自然な動きとなります。

また、ボールを左側に置けば弾道は高くなり、飛距離を稼ぐことができます。

ボールとの距離は「近すぎず遠すぎず」、位置は「クラブによって変える」というのがベストになります。

それぞれ、ジャストフィットのフィーリングには個人差があるので、いろいろ試してみて、自分に合ったボールとの距離・位置を掴んで下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.