• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフの「フック」の意味。どういう現象?

ゴルフの初心者が最初にぶつかる壁が「スライス」なら、ある程度上達してきたゴルファーが直面するのが「フック」です。

ここではフックの現象の説明から原因、矯正の方法まで紹介するので、スコアアップに役立てて下さい。
※本稿では基本的に右打ちの場合を想定しています。

 

■ゴルフの「フック」とは、どういう現象?

 

ボールが利き手とは逆に曲がることをフックと言います。
右利きの右打ちなら左方向へ、左利きの左打ちならば右方向へボールは弧を描いて曲がっていきます。

これは、ボールに対してクラブのフェースが角度の付いた状態で当たっているため、ボールを真上から見ると逆時計回りの回転がかかり、左へ左へと曲がる現象が起きます。

 

■フックの原因は?

 

フックには種類があるので、それぞれの原因を説明します。

「プルフック」は、球が左に飛び出した後、さらに左に曲がっていきます。
スイングがボールに対して外から入って内に抜けていくアウトサイドインで、インパクトのフェースがクローズの場合に発生します。
「ひっかけフック」と言うこともあります。

「ストレートフック」は、スイングの軌道はインサイドインでボールは真っ直ぐ飛び出しますが、フェースがクローズなのでストレートの軌道から左へと曲がっていきます。

「プッシュフック」はインサイドアウトでスイングして、フェースがクローズの場合に発生するもので、右にボールが飛び出した後で左に曲がります。
この状態でフェースが閉じている度合いを下げることができれば、左への曲がりを軽減できて、プロゴルファーがフェアウェーキープなどに使うドローボールにすることができます。

 

■フックの矯正方法は?

 

グリップの握りを気持ち軽めにするとフックが抑えられます。
これは強く握るストロンググリップだと、フェースが開いてスイングを開始して、インパクトの時に手首がかえりフェースが閉じてフックが発生するためです。

「左の壁」を意識するのもフックには有効です。
壁があるようにスイングすることで、身体の重心が左に大きく移動することを防ぎ、手首の返し(リストターン)が強くなることを抑えてくれます。

また、フォロースルーを低くすることを心がけると、フェースが閉じづらくなるので、フック対策になります。

 

以上がフックについての説明や矯正方法になります。

 

フェースを閉じない、ヘッドを返さないことを意識した練習やスイングでフックは改善できるので、ぜひ試して下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.