• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフ場への行き帰りに女性が適した服装

ゴルフは屋外で行う気持ちの良いスポーツですが、短パン半袖のように、服装まで開放的にするのはルール・マナーとして認められていないゴルフ場もあります。

そして服装についての一般的なマナーはプレー中だけにとどまらず、クラブハウスにも適用されるので、行き帰りの服装も気を付けなければいけません。

ここでは、クラブハウスに出入りするのに求められる服装ルールから、女性がゴルフ場に行く場合の行き帰りに適した服装を紹介しますので、ゴルフ場での服装の参考にして下さい。

■行き帰りの服装はクラブハウスに入るのにふさわしいかどうかで判断

ゴルフ場には、受付やロッカールーム、ゴルフウェアなどを販売するショップ、レストランなどの設備を備えるクラブハウスがあります。

プレー中の服装だけでなく、クラブハウスに入るのにも、アンダーシャツやショートパンツなどのウェアの禁止や、サンダルや下駄などの履物の使用を禁止するなど、クラブハウス毎にルールを設けている場合が多くなります。

行き帰りの格好は、当日プレーするゴルフ場のクラブハウスに入れる服装かどうか、を意識して決めると良いでしょう。

■ふさわしい服装はセミフォーマルを心がけて

ゴルフ場には格式があり、名門のメンバーシップコースでは服装の規定が厳格で、誰でも利用できるパブリックコースではドレスコードが緩いという傾向があります。

それでも、どのようなクラブハウスに入るにも、基本的にはセミフォーマルを心がけましょう。

元々は男性限定など、男性の利用が中心だったゴルフ界では、男性の服装にはジャケット着用、襟付きシャツ、スラックス、革靴という格好が求められます。

ゴルフが女性に対して開放されたのは歴史が浅く、女性に求められる服装のルールは明確ではありませんが、男性の格好に準じて、ジャケット、襟付きシャツ(ストッキング・タイツ着用ならワンピースも可)、ベルトを着用したフルレングスのパンツ(スカートの場合はストッキング・タイツ着用)、パンプス(革靴、低いヒール可)という格好なら、ほぼどこのクラブハウスでも大丈夫でしょう。

■ラフな服装や着こなしはNG

では、どのような服装がNGとされているかというと、トップスでは、TシャツやVネックのシャツ、タンクトップ、キャミソール、トレーナー、ジャージなどです。

パンツでは、ジーンズ、7分丈パンツ、短パン、ホットパンツ、ジャージなどです。

シューズでは、サンダル、スニーカー、ミュール、ゴルフシューズがNGとされています。

また、襟付きシャツでも裾だしは禁止、クラブハウス内では帽子・手袋・サングラスの着用禁止など、ラフな格好もふさわしくないとされています。

■最初からゴルフウェアを来ていくのはありかなしか

プレーにふさわしい格好ならクラブハウスにそのまま入っても良いのでは?と考えがちですが、まず、ゴルフシューズでの入場は禁止されていることが多くあります。

襟付きシャツにロングパンツというゴルフウェアにジャケットを羽織れば、ほぼ、最初からゴルフウェアという格好で行くことも可能です。

ただし、ゴルフウェアにジャケット、そして足元はパンプス、というような格好は、あまりおしゃれではありませんし、最低限のマナーを守っているだけというスタイルになり、あまりオススメできることではありません。

プレー中、クラブハウスと、いろいろと服装に関するルールがあるように思えるゴルフですが、マナーを堅苦しいものと捉えず、決められたルールの中で最大限のおしゃれを楽しむという考え方で、行き帰りやプレー中のファッションを選んでみて下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.