• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

左利きのゴルフ初心者が打ちっぱなしに行くときの注意点

ゴルフの上達には練習が大切です。
打ちっぱなしの練習場で自分の苦手なところをしっかり練習したいですね。
ここでは左利きのゴルフ初心者が打ちっぱなしに行くときの注意点をまとめました。

■左利きのゴルファーの打ち方の特徴とは

日本では左打ち用のゴルフクラブが少ないこともあり、右打ちに転向する派と左打ちでプレーする派とがいます。
左利きのゴルフ初心者が左打ちで打つとボールが左に切れる傾向があります。
左利きの人が右打ちで打つ場合はスイング中に利き手の左手で引っ張るようなスイングをしやすいため、ボールが右に出やすい傾向があります。

■左利き・左打ちのゴルフ初心者が打ちっぱなしに行く時の注意点

左利き・左打ちのゴルフ初心者が打ちっぱなしに行く時は、打ちっぱなしにレフティ用の打席があるかを確認します。
打ちっぱなしの場所によってはレフティ用の打席を設けていないところもあるので事前に調べておきましょう。
施設内にグローブやクラブの販売・レンタルサービスがあってもレフティ用のグローブやクラブを置いていないところもあるので、必要な道具はすべて持参すると安心です。

打ちっぱなしではレフティ用の打席は右打ち用の打席と向かい合わせになっていることが多く、向かい合わせでの右打ちの人とは気まずい雰囲気になることもあります。
右打ちの人は左打ちの人と練習するのに慣れていないので、向かい合わせで練習するとボールが飛んできそうで怖いと思う人もいます。
打ちっぱなしの場所によってはブースごとに壁で区切っているところもあるので、そのような場所だと初心者が練習する際安心ですね。
壁がない場合は向かい合って練習するプレーヤーにも気を配って練習しましょう。
右打ちの友人と一緒に打ちっぱなしに行き、お互い向かい合って練習するのもおすすめです。

■左利き・右打ちのゴルフ初心者が打ちっぱなしに行く時の注意点

左利き・右打ちのゴルフ初心者が打ちっぱなしに行く場合、打席の場所が豊富に選べます。
初心者の場合は端っこの打席に行き、他のプレーヤーから離れて練習するようにするとボールが横にとんだときのトラブルを防げます。
打ちっぱなしではボールを借りるなど練習場独自のシステムがあるので、フロントの人にわからないことは聞くようにしましょう。

左利き・左打ちのゴルフ初心者が打ちっぱなしに行くと、右打ちに迷惑をかけないか心配になりますね。
左打ちには打ち方の特徴があるのでその部分に注意して練習するとよいでしょう。
打ちっぱなしでは右打ち・左打ちともマナーを守り相手の迷惑にならないように行動することでお互いが気持よく練習することができます。

わからないことや困ったことはフロントの人に相談すると快く答えてくれますよ。
ゴルフが上達するために打ちっぱなしでしっかり練習しましょう。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.