• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフ初心者の女性に適した練習方法とは

日本には700万人以上のゴルファーがいて、世界でも有数のゴルフ大国です。

バブルなどの好景気の終了やプレイヤーの高年齢化により、プレイする総人口は減少傾向ですが、実は女子プレイヤーの数は増えているのです。

「森ガール」や「山ガール」、「釣りガール」「写ガール」など、女の子の趣味の多様化によって、「ゴルフ女子」にも注目が集まっています。

そこで、これからゴルフを始める・始めたばかりの女子向けの練習方法をご紹介します。

■練習は一人でやるのではなく、レッスンや上級者からのアドバイスを元に

ゴルフは繊細なメンタルスポーツとも呼ばれ、一人で練習していても中々上達しないことがあります。

そこで、自分を客観的に見てくれるレッスンに参加したり、上級者にスイングなどを見てもらって適切なアドバイスをもらいつつ練習するのが良いでしょう。

この時注意したいのが、アドバイスをもらう上級者がしっかりとした理論を持っているかどうかです。

時折、自分の理論だけでもできてしまう人がいますが、そのような人は教える側としては向いていないことが多いものです。

ゴルフでは、その人にあったスイングやクラブの選び方などしっかりとした知識に基づく理論が確立されているので、最初はレッスンに参加するのがオススメです。

■打ちっぱなし(ゴルフ練習場)で最低限の技術を身につける

ゴルフは自然の中に作られたコースを回って楽しむスポーツですが、複数の人数と組を作って動くので、初心者は同伴者に迷惑をかけがちです。

そこで、コースデビューする前に打ちっぱなしで最低限のスキルを身につけ、自分も同伴者も気兼ねなくゴルフを楽しめるように練習するのです。

打ちっぱなしにはレンタルボールやクラブが用意されているので、動きやすい服装と靴、ゴルフ用のグローブを用意するだけで練習ができます。

■スイングして6~8割が前に飛べばコースに出られる

小さなボールを打つゴルフでは、プロでもボールを曲げたりシャンクしたりと常に失敗がつきまとうものです。

これからコースに出るという初心者の場合、ドライバーなら6割、アイアンなら8割程度がボールが前に飛ぶ状態なら、コースデビューしても大丈夫でしょう。

■コースデビューの前にしておく練習方法とは

まずはクラブを頭の上まであげるフルスイングではなく、クラブが地面に対して90度程のハーフスイングでボールを打ちましょう。

そのスイングで力を抜いて空振りしなくなったら、力を入れたハーフスイングでボールを打ち、そこでしっかり前に飛ぶようだったら、フルスイングに挑戦します。

使うクラブもピッチングやアイアンの9番や8番などの番手の大きいものからスタートしましょう。

確実性の高いクラブでボールに当てる感覚を身につけ、徐々にアイアンの番手の低いもの、そしてドライバーへと持ち替えていきましょう。
それぞれのクラブでの感覚を身につけ、ボールが前に飛ぶようになったらコースデビューは目前です。

コースでは、守るべきマナーなど覚えることも多いですが、まずは“楽しむ”ことを大前提に快適なゴルフライフをスタートさせて下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.