• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフのスコアカードの書き方を知ろう

ゴルフをプレーする時には、1ホールごとに成績を記入していくスコアカードというものがあります。

記入方法に特殊なルールはなく、基本的には簡単なものなのですが、誤記や記入漏れがあると正式な大会では失格になることがあります。

実際にプロもうっかりミスで失格になる例もあるので、コースに出る前のスコアカードの入手から書き方まで、ここでレクチャーしましょう。

■コースに出る前にスコアカードを入手

スコアカードには、ホールナンバーや距離、各ホールのハンディキャップなどが記され、そのゴルフ場のオリジナルのものを使うことになります。従って、事前に購入して準備しておくようなものではなく、プレー当日にゴルフ場で手に入れることになります。

入手したらまずはカードに自分の名前や同伴者の名前を記入します。 マーカーと呼ばれる、自分のスコアを記録してくれる人の名前を記入することもあります。

筆記用具はスコアカードに挟んでおける鉛筆(ペグシル)が用意されていることがほとんどになりますが、書き心地を求める場合は自分で筆記用具を用意しても良いでしょう。

■プレー開始後に記入していくこと

ラウンドを開始したら、各ホール終了時に自分のスコアと同組のプレイヤーのスコアを記入します。 大会やコンペでは、マーカーが自分のスコアを記入することもあります。(自分でも確認用に自分のスコアは記入しておく)

また、アウト(1~9番ホール)・イン(10~18番ホール)の終了時には、合計スコアを記入して、全ホール終了時に最終スコアを記します。

さらに、ハンディキャップが設定されている場合は、そのスコアからハンデを引いた数が当日のスコアになります。

■スコアカードにもある大事なゴルフルール

名前を書く欄は、会社内のコンペなどでは上司を先に書いてしまいがちです。しかしゴルフの通例では、自分の名前はその欄のトップに記入するのが正しいやり方です。2番目以降は、役職順や序列上位から記入しましょう。

また、スコアカードの上手な利用法として、当日のプレー記録にもなります。
カードに余白があればパット数を書いたり、失敗ショットの原因を書き留めておいたりして、単なる記録ではなく、上達のための日記帳的な使い方をするといいでしょう。

以上が、初心者が抑えておきたいスコアカードの入手法や書き方になります。
基本的にはプレーの結果を記す簡単なものなので、本稿を読んでおけば、誰でもすぐに使い方がわかると思います。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.