• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

初心者が押さえておきたいパターの選び方、打ち方

パターの選び方、打ち方

ゴルフのスコアの中でも、距離は短いのに大きなウェイトを占めるのがパッティングです。
初心者でも、スコアアップのために少しでも自分に合った道具として、良いパターを選びたいものです。
ここでは、初心者向けのパターの選び方と打ち方についてご紹介します。

■最初はパターの「ヘッド」を決める

パター選びで最も重要なのは、パターのヘッドの形状です。
主な形状だと「ピン型(ブレード型・トゥヒール型)」、「センターシャフト型」「L字型」「マレット型」などがあります。

初心者向けなのは、「ピン型」です。
「ピン型」は長方形のヘッドとその端にシャフトが接続しているタイプです。
パランスが良いので操作性が良く、重量配分も均等なのでスイートエリア(芯、スイートスポットとも)が広くミスが出にくいデザインです。

そのほかのヘッドの特徴は、アイアンのような形状の「L字型」はアプローチと同じ感覚で打つことができ、かまぼこのような大きなヘッドの「マレット型」はストロークがしやすく真っ直ぐ打ち出して距離も出しやすいヘッドです。

また、最近ではマレット型よりヘッドが長方形に近い「ネオマレット型」も登場していて、こちらは、マレット型よりもミスに強く、方向性も出しやすいとされています。

■主に構えや打ちやすさに影響する「ネック」

ヘッドと同時にチェックしたいのが「ネック」です。
例えばヘッドを「ピン型」に決めたとして、「ネック」の形状でも構えた時のフィーリングが異なる場合があります。

「ネック」とは、シャフトとヘッドを結ぶ部分のことで、カギ型でシャフトの軸線よりヘッドのフェース面が後ろにくる「クランクネック」は、アドレスがしやすくオールマイティな性能です。

シャフトがヘッドのヒール側に曲がって繋がっている「ベントネック」は、ストレートの打ち出しに強みがあります。
シャフトが真っ直ぐにヘッドの中央(芯)付近に取り付けられた「センターシャフト」は、左にひっかかることが少ないタイプです。

■シャフトの長さは一般男性で33~35インチ

パター選びでは、身長は基準の一つになりますが、それよりもアドレス時にスタンスして、自分の目の下にボールがくる長さが適切なシャフトの長さになります。

男性なら33~35インチ、女性なら33インチ前後が一般的なシャフトの長さになります。

パターの基本的な打ち方

初心者は足の幅を肩幅ぐらいにして、ターゲットラインと足のラインが平行になるスクエアが基本です。

スイングで重要なのはヘッドがブレないこと。
そのために、上半身は固定して、肩を使って振り子のようにクラブを振って打つのが正しい打ち方です。
この時、大事なのは「ピン型」や「L字型」などヘッドの形状は異なっても、スイートスポットで打ち出すことです。
各ヘッドには必ずスイートスポットがあるので、そこに当ててボールを転がすことを意識しましょう。

いかがでしたか? パター選びには「ヘッド・ネック・シャフト」という要素があることがお分かりいただけたと思います。
それぞれの性能や特徴を把握したら、自分のパッティングが「とにかく真っ直ぐ打ちたい」「ミスをできるだけ少なくしたい」など、どのようなスタイルなのかを把握して、パターを選んでください。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.