• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

バンカーショットの打ち方とコツ、一発で脱出するには?

バンカーショット

ゴルフに慣れた中級者の方であっても、バンカーショットを一発で成功させることはカンタンではありません。実際に、バンカーにつかまって脱出に手間取った経験が豊富だからこそ、バンカーショットに対して苦手意識を抱いていらっしゃる方は多いです。今回は一発でバンカーを脱出する「打ち方のコツ」と「心構え」をご紹介します。

苦手なバンカーを克服するためには正しい打ち方を学ぶことが大切
普段、ゴルフ場などで練習する機会が少ないバンカーショットですが、正しい打ち方を学ぶことでバンカーからの脱出を効率的に行えます。実際に、苦手意識を持たれがちなバンカーにも関わらず、なかにはバンカーショットがもっともカンタンだと語っていらっしゃるプレイヤーがいるほどです。

フェースを開く際にフォームが崩れないように注意
バンカーを苦手とするゴルフプレイヤーが多い理由は、通常のショットとバンカーショットのフォームが異なるからです。具体的には、クラブのフェースの開き方と、スイングする際にヘッドを入れるポイントが変わってきます。バンカーを脱出するためには、フェースを開くことが大切です。

「フェースを開く」ということは、あらゆるゴルフ教材や雑誌などで語られている、バンカーショットの基本です。しかし、フェースを開くことを意識するあまり、不自然なフォームになってしまっている方がたくさんいます。まず、フェースを開かずに通常の構えをとった後、グリップエンドを右の股関節部分に持っていくと自然にフェースが開きます。

ボールの手前にある砂の部分を打つように意識
バンカーでヘッドを入れる際には、ボールを直接打たないように意識することが大切です。ゴルフボールの手前にある砂の部分にクラブヘッドを入れるように意識すると効果的です。ショットを行う際に、ダフる必要があることから、通常の位置よりも左側にボールを置きましょう。

バンカーショットのポイントを踏まえた上で、フォームの乱れに注意しながら、ぜひ練習してみて下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.