• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフ場での冬の服装。何かマナーはある?

冬のファッションマナー

冬のゴルフ場でのファッションのマナーは?
ゴルフ場には、季節に応じた最低限のファッションのマナーが存在します。
ゴルフは、「紳士のスポーツ」とも言われているため、あまりにだらしのない服装でラウンドを回ってしまうと、ゴルフというスポーツの品位にかかわると考えられているからです。
そこで今回は、恥ずかしくない冬の服装、そしてマナーを守りながら、寒さからも体を守ることができる服装について紹介します。

理想的な服装、NGな服装の特徴

まず、冬に理想的な服装は、帽子と長袖の襟付きポロシャツ、スラックスという服装です。
メーカーなどは特に気にしなくて大丈夫です。
ファストファッションなどでも構いません。
冬では少し寒いと感じるかもしれませんが、プレー中に上着を着ることはマナー違反のため、気をつけるようにしましょう。
逆に、冬の服装としてNGなのは、Gパンやサンダル、ブーツなどです。
寒いからといって、運動に適さない服装は控えるようにしましょう。
また、女性であればミニスカートやショートパンツはあまりおすすめできません。
スカートやショートパンツ自体がNGというわけではありませんが、ゴルフではボールが茂みの中に入ってしまうことも考えられますので、ロングパンツの方が無難です。
さらに、ゴルフ場のコース内だけでなく、クラブハウスなどの敷地内では、上記の服装を守るようにしましょう。

防寒対策方法

一定のルールはありますが、コースを回っている時であっても防寒対策をすることは可能です。
例えば、ネックウォーマーやレッグウォーマー、セーターなどは問題なく着ることができるため非常におすすめです。
また、カイロなども見えないところであれば貼っていただいて構いません。

寒いとプレーに何か影響がある?

そもそも、寒さとゴルフのプレーにはどのような影響があるのでしょうか。
寒いと手などの関節が動きにくくなりますよね。
ゴルフと聞くと、ドライバーですごい飛距離を出すようなイメージがありますが、実は腕や腰や下半身などの繊細な動きの積み重ねによって成り立っています。
冬になると、関節などの動きが制限される結果、それらの繊細な動きが難しくなり、今までできていたプレーができなくなってしまう可能性があります。
そのため、しっかりと防寒対策をしてプレーに臨みたいところです。

いかがでしたか?
恥ずかしくない服装、そしてマナーを守りながら、防寒対策をしていただき、冬のゴルフを楽しみましょう。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.