• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

6インチプレースのルールとプレースとリプレースの違いを徹底解説!

6インチとリプレイス

ゴルフのルールの中に6インチプレースというものがあります。今回は6インチプレースがどのようなルールなのかを解説するとともに、プレースとリプレースの違いについても説明していきます。ぜひ参考にしてください。

■6インチプレースとは?

6インチプレースとは自分が打ったボールが障害物や地形の問題などで打ちにくい場所に落ちた場合に6インチ(15.24㎝)以内であれば自由に動かしていいルールのことです。しかし、6インチプレースは正式なルールではありません。ゴルフ場が決めたローカルルールの1種で公式の大会では行われていません。

■6インチプレース可能なスルーザグリーンとは?

スルーザグリーンでは6インチプレースのルールが適用されます。
スルーザグリーンとはコース内のハザード(バンカーやウォーターハザードなど)を除いたティーグラウンドからグリーンまでの範囲のことです。プレーの際にゴルフのルールが適用されている範囲やペナルティを表す言葉として使われています。

■プレースとリプレースとの違い

プレースとリプレースは類似している言葉のため、間違って解釈している方もいるのではないでしょうか。ここではプレースとリプレースの違いについてそれぞれ説明します。

・プレース
プレースとはプレー中にボールを置く行為のことです。元にあった場所にボールを置くのではなく、違う場所に置いたり、別のボールを置いたりする行為が該当します。

・リプレース
リプレースとはプレースとは違い、ボールを元の位置に戻すことです。

■まとめ

今回は6インチプレースのルールについて、またプレースとリプレースの違いについて説明してきました。
6インチプレースというルールについては賛否両論あります。6インチプレースは便利なルールである一方で、ショットが困難な状況からいかに打開するか考えることもゴルフの楽しみの1つといえます。6インチプレースも含めて、ぜひ自分なりのゴルフの楽しみ方をみつけてください。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.