• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

暫定球とは?ルールや数え方

  • ゴルフ場スタッフによるゴルフ用語集

暫定球

そのままショットを行った際に、OBしたり、そのままボールが紛失した可能性が高いケースでは、暫定球を打つことになります。暫定球とは、ボールが見つからないためにゲーム続行困難な場合に、暫定的に新たなショットを行うルールです。

暫定球を打つにあたって、同伴者の方に打ち直し前の情報をしっかり伝えた上で、ボールを打ち直す意思を明確に宣言する必要があります。宣言することなく勝手に暫定球を打ってしまった場合には、インプレー中と判断されて、先に打った球が紛失球として扱われてしまうので注意が必要です。

はじめのショットで到達していたと推測できる地点に届くまで何度でも打ちます
暫定球においてゴルフ初心者が混乱しがちなポイントは、暫定球の数え方です。暫定球が普通に本来のボールが飛んだと思われる位置まで飛んだ場合には特に問題ありません。問題は、最初のショットが普通に成功したにも関わらず、暫定球のショットをミスしてしまった場合です。

暫定球は、打ったショットの代わりに行われるショットです。そのため、打ち直したボールがはじめのショットで到達したと考えられる地点に届くまでは何度でも打ち直しを行います。何度も打ち直しを行った後、目標の地点まで届いたならば、暫定球は通常のインプレーの球と同等の扱いになります。

ボールを見失った際はなるべく早く暫定球の宣言を行いましょう
暫定球を打つにあたってもっとも注意すべきポイントがスロープレーです。ホールにもよりますが、基本的に見失ったボールの捜索には時間がかかります。そのため、少し探してみて、紛失球やOBの可能性が高い場合には、なるべく早く暫定球を宣言することが大切です。

ゴルフ初心者の方であれば特に、暫定球の宣言を躊躇してしまうものです。しかし、いつまでも見つからないボールを探して時間をかけることは、ほかのプレーヤーの迷惑になります。身のまわりの人にボールが見つからないことを相談しながら、迅速なゴルフの進行を心がけることが重要です。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.