• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフ上達に背筋が重要?安定したスイングをするための打ち方・振り方

ゴルフ上達に背筋が重要

ゴルフのショットを成功させるためには、背筋で打つことが大切です。しかし、ゴルフスイングに慣れていない初心者の方の場合、正しいゴルフフォームを窮屈に感じて、無意識に背筋を丸めてしまっているケースがたくさん見られます。

ゴルフの上達には背筋を意識することが必要になります

安定したゴルフスイングを実現するためには、背筋を伸ばしながら前に傾けるようにイメージすると効果的です。最終的には、前傾姿勢のまま、軽く膝を曲げて立つ必要があります。あごをしっかり引くように意識することも大切です。

信頼できる友人や家族に背筋をチェックしてもらいましょう

ゴルフの経験が浅いうちは、どうしても正しいフォームを窮屈に感じてしまうものです。窮屈であっても、正しいフォームを身につけなければゴルフが上達することはありません。しかし、違和感を抱いたままゴルフスイングを行っても、プレーに集中できないので、上達が遅れてしまいます。

背筋の使い方に不安を感じていらっしゃる方には、信頼できる友人や家族にフォームを確認してもらうことが効果的です。横から見てもらい、背筋が不自然に歪んでいないか指摘してもらえれば、効率的に上達できます。

軽いストレッチが背筋の改善につながります

もともと猫背の方が窮屈なままゴルフスイングを行っていると、背中を痛めてしまうことがあります。背中を痛めないためには、適度なストレッチを行うことが重要です。例えば、両腕を頭の上に伸ばして、ゆっくりとひじを肩甲骨に寄せながら外側にまわすだけでも姿勢の改善につながります。

まとめ

ゴルフのスイングを改善するためには正しいフォームを身につける必要があります。背筋の正しい使い方を学ぶことはフォーム改善の重要な第一歩です。背筋を痛めないように注意して、友人や家族に協力してもらいながら、背筋を正しく使ってゴルフスイングの練習をしてみて下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.