• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフは遠心力で飛ばす?力がなくても大丈夫!遠心力を鍛える練習方法

遠心力で飛ばす

遠心力をスイングに加えてボールを飛ばしましょう

遠心力とは、円を描いて動いているものがその外へと引っ張られる力のことです。ゴルフで遠くに飛ばすためには、強い遠心力をスイングに加える必要があります。

逆に申しますと、遠心力で飛ばすことを意識しなければ、ゴルフでボールを遠くに飛ばすことは困難です。そのため、ほとんどのプレイヤーが遠心力を意識しながらスイングしています。

遠心力を使うのはスイングの最後に行うフォロースルー

初心者の方のなかには、ダウンスイングの時点で遠心力を使ってしまっている方が少なくありません。遠心力を使うべきポイントは、スイングにおける最後の動作、フォロースルーです。

フォロースルー前に遠心力を使うと、スイングの軌道が不自然に大きくなり、せっかく溜めた遠心力が外に逃げてしまいます。

遠心力をしっかりボールにぶつけるためには、コンパクトな動作で力を溜め、フォロースルーの際に力を解放すれば、トップスピードでボールを打つことが可能です。

フォロースルーの際に身体から腕を離すように意識してスイング

遠心力を鍛えるためには、練習を重ねてよりコンパクトでしっかりしたゴルフスイングを身につける必要があります。遠心力を一気に解放するコツは、遠心力の中心からクラブヘッドを離すように意識することです。

ゴルフスイングを行っている際の中心は身体です。そのため、クラブを持っている腕と身体をできるだけ遠くに離せれば遠心力をボールにしっかり伝えられます。

まとめ
遠心力を上手に使いこなせるようになれば、より遠くにボールを飛ばせるようになります。腕力が乏しくても、ショットのポイントを押さえてきちんとスイングすれば、確実に飛距離を伸ばすことが可能です。

遠心力を解放するのはフォロースルーの時です。フォロースルーの時に、腕を身体から遠くに離してボールに力を伝えるように意識してみて下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.