• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフのルール改正はいつから? 2度打ちの原因と新ルールを解説!

  • ゴルフ場スタッフによるゴルフ用語集

二度打ち

アプローチの際など、ゴルフの2度打ちにお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回はゴルフで2度打ちしてしまう原因を説明するとともに、2度打ちに関するルールを解説していきます。

■ゴルフで2度打ちしてしまう原因は?

ゴルフの2度打ちは、スイング中にクラブヘッドがボールと同じ方向に出てしまい、2度ボールを打ってしまうことが原因です。アプローチの際によく見られるミスの1つです。

ボールの進行方向とは違う方向にクラブヘッドが進むようにすることにより、2度打ちを防ぐことができます。手先だけでなく体全体を使ってクラブヘッドを内側に振り抜くように心がけましょう。

■従来の2度打ちルール

2度打ちをした場合はペナルティーが与えられます。
日本ゴルフ協会のゴルフ規則14-4では以下のように記載があります。

「プレーヤーのクラブが1ストローク中に2回以上球に当たった場合、プレーヤーはそのストロークをカウントし、それに1打の罰を加えて合計2ストロークとしなければならない」
※引用:日本ゴルフ協会ゴルフ規則

1ストロークで2回以上打ってしまった場合は、1打罰が与えられることになります。
つまり、1ストローク中にボールを3度打ってしまった場合も1打罰となります。

■改正後の2度打ちルールは?

2019年よりゴルフのルール改正が行われます。
現在では2度打ちには1打罰というペナルティーが与えられていますが、ルール改正後には2度打ちによるペナルティーが無くなります。そのため、2度打ちをしてしまった場合でも、そのストロークは”1打”としてカウントされます。2度打ちを頻繁にしてしまう方にとっては朗報ですね。

■ルール改正はいつから?

具体的にルール改正はいつからなのか気になる方もいるのではないでしょうか。
ゴルフのルール改正は2019年1月1日よりルール変更が行われます。
2度打ちに関しては不可抗力によって2度打ちしてしまった場合は罰を課す必要がないということです。ルールの改正は2度打ちに限らず行われますので、気になる方はぜひ確認してみてください。

 

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.