• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ドローボールを上手に打ちたい人必見!打ち方と練習方法!

ドローボールの打ち方

ゴルフの打ち方の一つで、右(左利きの人は左)方向へボールを飛ばし、落ちる時に左(左利きの人は右)へ曲がるボールをドローボールと言います。風の影響を受けにくい、飛距離が出やすいなど、様々なメリットがあると言われており、ドローボールを打ちたいという人は多くいますが、理想のドローボールを打つためにはかなりの訓練が必要です。

打ちたい方向の手前に障害物があった場合など、ドローボールをマスターすれば、様々なコースで役立ちますので、ぜひ習得してゴルフをもっと楽しんでみてください。

■ドローボールのメカニズム

ドローボールが曲がる理由は、フェースの向きによってボールに回転がかかっているからです。
以下は右利きを想定して説明しますので、左利きの人は反対で練習してください。

スイングの軌道はボールを右へ打ち出すようにし、そのインパクト時のフェースの向きは左を向いている場合、打ったスイングの方向と逆の力が加わり、反時計回りの回転がボールにかかります。
その結果、右へ押し出されたボールは右に飛んでいきますが、最終的には左回転の力で、左へ曲がって落ちていくのです。

■ドローボールはどうやって打つの?

まずは自分の打ちたい場所の向きより右の方へボールを飛ばす必要があります。
練習方法としては、インサイドアウトで右側に向けてボールを飛ばせるように練習をします。

右方向へボールを打ち出すスイングをマスターしたら、フェースの向きをスイングしていた方向よりやや内側に向けて、スイングはもう一度先ほどと同じように右方向へボールを打ってみましょう。右へ打ったボールに回転がかかって、目標の方向に向かって左に曲がっていけば成功と言えます。
フェースを目標方向より内側へ向けすぎてしまうと、あまり飛ばないかもしれません。

■上達するための練習ポイント

右側へボールを飛ばす練習をする際は、左足を半歩下げ、オープンスタンスにして右側へ飛ばせるよう練習してみてください。体の向きとボールを飛ばしたい方向が逆なので、難しいと思いますが、インサイドアウトの体の動きが理解しやすいはずです。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.