• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ブログ

ゴルフ パッティング(パット)の効果的な打ち方・構え方

ゴルフ パッティング(パット)の効果的な打ち方・構え方

パットの打ち方

ホールを締めくくるパターは、ゴルフのプレーのなかで、もっとも緊張感が高まるシーンのひとつです。
パターをしっかり決められるようになれば、確実にスコアが向上します。
今回は効果的なパッティングの打ち方・構え方をご紹介します。

■握り方と構え方は人それぞれ

そんなパターですが、決まった握り方は特になく、人それぞれ打ち方に差があるものです。
例えば、プロゴルファーの間では、一時期、長尺パターと呼ばれる長めのシャフトによるパターが流行していました。
アマチュアのゴルファーに関しては、基本的にドライバーやアイアンと同じように握る方が多いです。

■ヘッドの軌道を安定させられるパットの構え方

ゴルフのほかのプレーと比べて、パターの打ち方や構え方は大きく異なります。
打つ方向に合わせてスクエアにアドレスし、両足の幅を肩幅と同じか少し狭い程度に調整します。
そして、ヘッドの軌道を安定させるために、上半身をしっかり固定した上で、振り子のように回して打つことがパターのコツです。

■クラブヘッドの中心でボールを打つことが大切です

パターのヘッドはクラブによって多種多様です。
かまぼこをイメージさせるマレット型のパターにはじまり、ピン型やL字型などが販売されています。
いずれのヘッドであっても、パターを上手に打つコツは、クラブヘッドの中心でまっすぐボールをとらえることです。
逆に、斜めに当てて変な回転がボールに加わると、カップインさせることがむずかしくなります。
ボールをまっすぐとらえるために、一度構えたら目線をなるべく動かさないように注意しましょう

■グリーン全体の傾斜を事前にチェックしましょう

パッティングを行う前に、グリーン全体の傾斜を確認することも重要です。
グリーンの傾斜に合わせて打たなければ、最適なフォームでパッティングをしても、ボールが思わぬ方向に転がってしまいます。
グリーンの全体像を把握するためには、低い方から傾斜を眺めてみると効率的です。
グリーンに近寄り過ぎると全体のバランスが掴みづらくなるので、少し離れたところからチェックしてみましょう。

オンライン予約
一人予約
コース 施設案内
料金案内 競技・オープンコンペ
イベント情報 PGパスポート会員情報
アクセス 利用規約
採用情報 特定商取引に基づく表記

系列ゴルフコース

修善寺カントリークラブ 鎌倉カントリークラブ

鎌倉パブリックゴルフ場

〒247-0052 神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185 FAX 0467-44-8188 電話予約受付時間 10:00~18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.

PGパスポート会員募集中!
入会金¥5,400(税込)年会費なし