• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

【ゴルフ】 捻転の作り方のコツと効果的な練習方法とは?

捻転の作り方

ゴルフスイングの力を決定する重要なこと

ゴルフスイングの力の度合いを決定するものが捻転です。適切な捻転を行い、必要十分な力をスイングに込められなければ、狙ったところにボールを飛ばすことはできません。アマチュアゴルファーの方のなかには、フォームがきれいでもこの捻転が上手くできていないケースがたくさん見られます。

逆に申しますと、思ったより飛距離が伸びない方は、捻転を改善するだけでも伸びる可能性が高いです。

下半身を固定して上半身に捻りを加える捻転

捻転を上手く行うためには、回転との違いを明確に理解しておきましょう。回転と捻転の違いは、そこに捻りがあるか否かです。

回転の場合、上半身と下半身の動きを連動させて身体の向きを変えるため、身体に捻りは生まれません。一方で、捻転の場合は、下半身を動かさず、上半身のみを動かすため、身体に捻りが生まれます。

上手な捻転とは、つまり上手に身体に捻りを加えるということです。捻りがある分だけ、回転よりも窮屈な動作に感じますが、その窮屈さが大きな力が生まれている証です。

股関節から肩までを一枚の板としてイメージしましょう

スイング中に下半身を固定し、上半身に捻りを加えるためには、ゴルフクラブを持たずに捻転の正しいやり方を練習して身につける必要があります。ゴルフの捻転を上手く成功させるコツは、股関節を意識することです。

股関節から肩までを一枚の板であるとイメージしながら、少し前傾させると上手く捻りが加えられます。

まとめ

ボールを遠くに飛ばすためには、しっかり捻転する必要があります。捻転はゴルフスイングの力の源となるものです。股関節から肩までを一枚の板であるイメージを持って、まずはゴルフクラブを持たずに捻転の練習をしてみて下さい。

その際、鏡の前で自分の姿を確認したり、家族や友人に自分の姿を見てもらえれば正しく捻転できているかがわかります。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.