• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフスプーンの打ち方のコツと練習方法とは?

スプーンの打ち方

数あるゴルフクラブのなかでも特にむずかしいスプーン

ゴルフにおけるスプーンとは、3番ウッドのことです。3番ウッドのクラブフェースは独特の形にへこんでおり、その姿がスプーンのように見えることから、このように呼ばれています。スプーンは、数あるゴルフクラブのなかでも、もっとも打つのがむずかしいと評されているクラブです。

スプーンの打ち方は、基本的にほかのフェアウェイ用のウッドと同様となっています。しかし、ただ単にほかのウッドと同じようにショットを行っても、成功させることは困難です。

適切なボールの位置を意識してアドレスしましょう

スプーンが失敗する理由の多くは、ボールの位置が不適切であることです。初心者の方のなかには、フォームやスイング自体に注意を払っても、ボールの位置には気が回らない方がたくさんいます。

スプーンで打つ際には、ボールを両足の中央から少しずらして、左わきの真下からやや右寄りに置くことが大切です。

また、ボールと身体の距離を考慮してアドレスしましょう。具体的には、自分の身体とグリップの間がだいたい握りこぶし2つ分ほど空くように意識すれば、適切なボールと身体の距離になります。

バスタオルを使って最適なスイングを身につけましょう

ボールの位置が適切でも、スイング中に腕と身体の距離が変化しているとショットが失敗してしまうので、注意が必要です。スイングの乱れを確認するには、バスタオルを使って練習すると効率的です。

具体的には、まず、バスタオルを首にかけた後、左右の長さが等しくなるように両端を持ち、クラブを握る時と同じように手を身体の前で合わせます。そのままスイングを行い、バスタオルの長さが変わったり、たるんでいる場合には、それだけスイングが乱れてしまっていることを意味します。

まとめ

ゴルフスプーンのショットを成功させるのは大変です。しかし、適切な打ち方を学んで練習を重ねればかならず上手くなります。まずは、スプーンのポイントを確認して、上手く打てないようであれば、バスタオルを使ってフォームを正してみて下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.