• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ウォーターハザードの処置方法は?池ポチャした場合の対処について

  • ゴルフ場スタッフによるゴルフ用語集

ウォーターハザード

ゴルフをプレーしていると、ホールによっては、ウォーターハザードにボールが落ちてしまう、いわゆる「池ポチャ」が発生します。ウォーターハザードとは、ゴルフ場内にある池や湖、川、溝などのことです。ウォーターハザードのまわりには、黄色い杭が打たれています。

黄色い杭が打たれている範囲内は、水の有無に関わらず、基本的にはウォーターハザードです。ウォーターハザードに入ってしまった場合には、3つの挽回方法が考えられています。

その場から普通にショットを打てればペナルティーは発生しません
ウォーターハザード内に入って普通にショットするならば、何もペナルティーは発生しません。そのため、可能であれば、普通にショットを行うことがウォーターハザードのもっとも有効な処置方法です。しかし、ボールのある場所に水がなかったとしても、ウォーターハザードは立地的に不安定な場所であることがほとんどです。

また、ショットを行う際に、クラブに水が触れてしまった場合には、2打分のペナルティーが発生します。確実にショットを成功させられる自信がなければ、1打分のペナルティーを受けて別の場所でショットを行った方が無難です。

ペナルティーを負うことで打ちやすい場所でショットを行えます
1打分のペナルティーを負うことにより、打ちにくいウォーターハザードとは別の場所でショットを行うことができます。ルールによって変わってきますが、打ち直しの場所の選択肢は基本的に2つです。

ウォーターハザードに打ち込む前にボールを置いていた場所からショットを打ち直すこと。ボールがハザードの境界線を最後に横切った地点を確認し、その地点とホールを結ぶ線上の後方にドロップして打ち直すことの2種類です。

まとめ
ウォーターハザードの最適な処置の方法は、プレイヤーの技術と状況によって変わってきます。その時々に、自分が打ちやすい場所を選んでショットを行うようにしましょう。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.