• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ピッチショットでアプローチを成功させるには?

ピッチショット

ピッチショットのアプローチを成功させるためには、同じくアプローチの方法として行われているチップショットとの違いを明確に把握しておくことが大切です。

ピッチショットとは、ボールを高く打ち上げて、落ちた後、カップに向かってわずかに転がるように打つショットを意味します。チップショットは、ボールを打ち上げることなく、カップに向けてまっすぐボールを転がすショットです。

ちょっとした障害物やバンカーに阻まれて、まっすぐカップにボールを転がせない際にピッチショットが行われています。

■スタンスの中央にボールを置くことがポイント

ピッチショットを成功させる上で意識すべきポイントはたくさんあります。まず、ボールの位置をスタンスの中央にすることが大切です。スタンスの中央から右にずれた場合には、ボールが転がる可能性が高まり、左に置くとボールを上手く打ち上げられないリスクが高まります。

フェースの向きに関しては、ボールに対して1時と2時をイメージするように、少し開いて構えるとピッチショットを打ちやすくなります。フェースを開くにあたって、フェースを開く方向に振ることなく、ボールの方向に振れるように注意が必要です。

■ダフることを過剰に恐れないように注意

ピッチショットに慣れていない方のなかには、ダフることを過剰に避けることで逆に失敗してしまう方が多く見られます。ダフることを避けようとして、スイングの際に手の動きが遅れると、インパクトにおける最適なタイミングを逃してしまいます。

そのほかにアプローチをダフってしまう原因は、アドレスの時点で頭や腰が無意識に下がってしまうこと、手首のコックが無意識に解けてしまうことなどです。

ほかのショットと同様に、ピッチショットも経験を積めば段々と上手に打てるようになります。しかし、フォームが崩れた状態でショットしても効果的な経験にはなりません。信頼できる友人や家族にフォームを見てもらいながら、思いっきりショットすることが上達には大切です。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.