• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

効果大!ゴルフ初心者が行うべき基本の素振り

ゴルフ初心者が行うべき基本の素振り

素振りはもっとも基本的なゴルフ練習方法のひとつ

ゴルフにおいて素振りはもっとも基本的な練習のひとつです。ゴルフ初心者に限らず、上級者であっても素振りは欠かさず練習に取り入れられています。そんな素振りですが、初心者の方の場合、効果的に行えていないケースが少なくありません。

素振りの正しい方法を確認し、コツコツ実践することで、効率的に上達することが可能です。

手首の位置や角度に注意して素振りを行いましょう

素振りを行うにあたってまず注意すべきポイントは手首です。手首の位置や角度が乱れていると、適切なスイングを行えません。基本的に、アドレスで構えた際、グリップエンドが自分の腰付近に向いている角度が適切です。

実際に素振りを行う際には、コックを適切に行うように注意しましょう。コックとは、手首を親指側に折ることです。上手にコックを行えれば、よりヘッドスピードを向上させられます。金槌で釘を打つイメージでコックを使うことがポイントです。

両足をしっかり踏ん張って下半身がブレないように素振り

スイングを成功させるためには下半身のブレもチェックしましょう。下半身がブレていると、そのブレにつられて上下左右も揺れてしまいます。スイング中、ふらふらすることがないように、両足をしっかり踏ん張るように意識することが大切です。

具体的には、親指の付け根あたりにあるふくらみ、母指球を意識しながら、太ももの内側に力を入れるとしっかり踏ん張れます。スイングのなかでも特に、テイクバックで右ひざが後ろに流れないように注意しましょう。

まとめ

素振りはゴルフの腕を上達させるために欠かせない基本的な練習です。やればやるほど理想的なスイングに近づける練習ですが、フォームが乱れたまま素振りをしても効果的に上達できません。まずは、スイングが乱れる原因になる手首の角度と両足に注意して、適切なフォームを確認しながら素振りを行ってみて下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.