• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

ゴルフ初心者に必要な練習量・練習時間の目安

必要な練習量・練習時間の目安

趣味でも上達した方がもっとゴルフを楽しめます

ほかのあらゆるスポーツと同様、ゴルフも上達するためにはたくさん練習する必要があります。趣味でゴルフを楽しむ場合、つらく苦しく感じてしまうほど徹底的に練習する必要はありませんが、それでも、ある程度上達した方がもっとゴルフが楽しくなります。

そもそも、ゴルフをはじめた方でつまらなく感じてやめてしまう方の多くは、ゴルフを上手くプレーできないケースがほとんどです。人には向き不向きがありますが、それでも、適切な練習を学ばなかったばかりに、ゴルフの楽しみを知らずにやめてしまうのはとても勿体ないことです。

週に1、2回は練習場に通って200球ほど打ち込みましょう

ゴルフ初心者がコースデビューするために必要な練習量は、だいたい週200球ほどです。練習場が近所にあれば毎日打ち込むことが好ましいと言えますが、遠くにある方は週に1、2回ほど通って打ち込むようにしましょう。

打ち込みとは別に、毎日行うべき練習が素振りです。素振りは初心者から上級者まで、ゴルフプレーヤーのほぼすべてが欠かさず行っている基本的な練習です。

素振りはクラブがあれば行えるので、家族に迷惑がかからないように注意しながら毎日5分だけでも行いましょう。

常に練習の質を意識することが上達につながります

練習量を増やす以上に、練習の質を高くすることも大切です。極端な話、だらだら1時間練習するよりも、集中力を持って10分練習した方が気付きを得られるほどに練習の品質は重要と言えます。

初心者が練習する上で意識すべきことは何と言ってもフォームです。誤ったフォームで練習を重ねても上達しませんし、逆に変な癖がついてしまう恐れがあります。

かならずフォームをチェックしながら練習しましょう。

まとめ

知識も経験も乏しい初心者の方が効率的に上達するためには、練習の質を上げることが重要です。正しいフォームを学びながら、継続的に無理なく練習を積み重ねてみて下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.