• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

夏ゴルフの服装はどうする?ゴルファーなら知っておきたい夏場のゴルフ

夏ゴルフの服装

ゴルファーに限らず、夏場は誰しも涼しい格好で過ごしたいと考えるものです。実際に、夏のプレーにぴったりなゴルフグッズはたくさん登場しています。しかし、ゴルフには服装に関するマナーが存在します。ゴルフをプレーするのであれば、服装に関するマナーを守った範囲内で涼しい格好をすることが大切です。

襟付きのシャツと長ズボンの着用が男性の基本的な服装です

男性の場合、トップスは襟付きのシャツを着用する必要があります。肌が弱い方の場合、長袖のインナーやアームカバーを着用すれば、お肌のダメージを抑えられます。ポロシャツ一枚で参加する方がたくさんいますが、インナーを着用しておけば、汗をたくさんかいても吸収してくれるので、快適です。

ボトムスに関しては、夏場は半ズボンを着用したいと考える人も少なくありませんが、下はチノパンやスラックスなどの長ズボンを着用しなければなりません。プレー中の日射病を予防するためには、帽子やサンバイザーなどをかぶりましょう。また、紫外線から目を守るためには、サングラスをかけておくことが有効です。

女性には肌の露出をできるだけ抑えた服装が好ましいとされています

女性の場合も男性と同様に、襟付きのトップスを着用しなければなりません。襟付きであれば、半袖か長袖、ノースリーブのいずれでも構いません。ただし、鎖骨まで露出しているキャミソールなどの服装や単なるTシャツはマナー違反とみなされるので注意が必要です。

女性に関しては、短パンやミニスカートの着用が認められていますが、長めのソックスを履くなどして、肌の露出を少なくしなければなりません。そのほかには、帽子やサンバイザー、アームカバーなど、必要に応じて、認められている範囲内で暑さ対策を考えることをおすすめします。

まとめ

ゴルフをプレーするにあたって、マナーを守ることは非常に重要です。参加者の一部がマナーを違反したために、参加者みんながゴルフを楽しめなくなってしまうからです。マナーを守った上で、サンバイザーやアームカバーなどの暑さ対策を考えてゴルフを楽しんで下さい。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.