• ホーム
  • コース紹介
  • 施設案内
  • 料金案内
  • クラブ競技・オープンコンペ
  • イベント情報
  • ブログ
  • PGパスポート会員募集
  • アクセス

誤球のままホールアウトしたらどうなる?誤球を防ぐには?

  • ゴルフ場スタッフによるゴルフ用語集

誤球

ゴルフにおける誤球とは、その名の通り、自分がプレーしている以外のボールをショットしてしまう反則行為です。同伴しているプレイヤーのボールやコース内に落ちていた紛失球などが誤球されるケースが考えられます。

自分がプレーしているボール以外をショットしてしまうことを意味する誤球の罰則
一般的に、誤球が発生した場合には、マッチ・プレーならばそのホールの負けが確定し、ストローク・プレーの場合には、2打分の罰則が科せられます。特に、誤球したままプレーを続行し、ホールアウトをした後に誤球が発覚した場合には、そのまま失格になるケースがほとんどです。さらに、誤球でプレーしたストローク数に関しては、一切スコアにカウントされないので注意しましょう。

ウォーターハザードとバンカー内では誤球が発生しやすいので注意
ウォーターハザードやバンカーは、ボールを打つ際にその姿を詳細に確認することが困難であることから、誤球が起こりやすいと考えられているポイントです。そのため、例外的に、この2か所で起こった誤球にはペナルティーを科さないというルールがありました。

しかし、2008年にルールの変更が行われ、ウォーターハザードとバンカー内の誤球にも2打分の罰則が科せられます。一方で、新たなルールにおいて、ハザード内に関しては、誤球を防ぐためにボールを拾って確認することが可能です。

識別マークを描いて誤球を防ぎましょう
誤球を防ぐためには、確かに自分のボールであることをプレー中に確認することが大切です。迅速に自分のボールであることを確認するためには、識別マークが必要だと考えられています。識別マークとは、識別するためにボールに描かれるマークのことです。

星やハート、花など、プレイヤーによってさまざまなマークをボールに描いています。自分のマークと同伴者のマークが似てしまう恐れがあるので、プレーする前にお互いのマークを確認しておくと確実です。

オンライン予約
一人予約

鎌倉パブリックゴルフ場
〒247-0052
神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185
FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間
10:00〜18:00

©2014 KAMAKURA PUBLIC GOLF.