鎌倉パブリック

Menu

Category Archives: ゴルフ技術・テクニック

イベント情報

120切りを目指すあなたへ!第3回『百廿会(ももはた会)』3/10(日)開催!!

120切りを目指すあなたへ!

 

鎌倉PGで開催している『ゴルフって、楽しい!プロジェクト

 

初心者の皆様から大変ご好評をいただいており、そこから一歩進んだ人向けのイベントとして開催しているのが、『百廿会(ももはた会)』です。

ここで『百廿会(ももはた会)』のおさらいを。

「百廿(ももはた)」とは、「120」を表します。

120切りを目指す方向けのレッスン会&ハーフラウンドが『百廿会(ももはた会)』です。

「まずは120切り!」というゴルファーのために必要な技術やコースマネージメントをお教えするとともに、ゴルフがちょっとわかってきたからこそ出てきた疑問や悩みを解決いたします!

 

前回開催後の多くのリクエストを受け、第4回の開催が3/10(日)に決まりました!

 

百廿会_20190310

 

―当日のスケジュール―

10:00   鎌倉パブリックゴルフ場クラブハウス集合
10:15   座学(ルール&マナー講習会)
11:30   昼食
13:00   練習場にてレッスン
14:30   ハーフプレー
17:00   クラブハウス前解散

 

定員の8名様に達し次第、受付を終了いたしますのでお早めにお申し込みください。

 

お申込は、鎌倉パブリックゴルフ場(TEL:0467-44-8185)まで。

※悪天候の場合、中止になる可能性がございます。

 

イベント情報

7番アイアンで飛距離を出したい!理想のヘッドスピードとは?

ゴルフで練習する時、ミドルアイアンでの練習を頻繁にされる方も多いのではないでしょうか。打ったボールに自分の打ち方の癖なども出やすく、練習するにはちょうど良いクラブであり、使用頻度も高いクラブだと思います。今回は7番アイアンでヘッドスピードを出したい方向けにその方法をまとめてみました。

■7番アイアンでのヘッドスピードはどれくらいがいいの?

クラブごとに変わるヘッドスピードによって、平均の飛距離も変わってきます。あくまで一つの計算上ですが、ヘッドスピード33で飛距離120、ヘッドスピード41では140、47で150となっています。

ヘッドスピードの計算方法はさまざまですが、まずは自分の7番アイアンでのヘッドスピードを把握し、そのスピードでの平均飛距離に到達しているか確認しましょう。もし自分の7番アイアンでの飛距離が、自分のヘッドスピードに対する平均飛距離に達していない場合は、飛距離が出ないのはヘッドスピード の問題ではないかもしれません。良いスイングを定着させたり、ミート率を上げる練習などが必要になってくると思われます。

■7番アイアンでヘッドスピードを上げるには?

平均飛距離に達しているが、7番アイアンでのヘッドスピード が遅く、もっと飛距離を出したいという場合は、ヘッドスピードを上げれば、飛距離が出ますよね。

ヘッドスピードを上げるには、単なる筋トレやヨガなどを行うより、遠心力を生かした体の上手な捻り方など、「振る力」を身につけると良いでしょう。実際に、野球やテニスなどのスポーツをしていた人は、ヘッドスピードが速いようです。

■7番アイアンのヘッドスピードを上げる練習方法

7番アイアンのヘッドスピードを上げる練習方法として、バットなどの重いものを振る練習を行い、クラブを振るための筋力と正しい体の動きを身につける方法があります。重いものを振ったあとに軽いものを振ると、かなりスピードが早く感じると思います。重いものを振る練習をしたすぐあとに、練習用の軽いシャフトなどを使ってとにかく早く振る感覚を身につけると、よりヘッドスピード を上げていくことができます。
「振る」ことを強化して、理想のヘッドスピードに近づけるように練習してみてはいかがでしょうか。

イベント情報

ドローボールを上手に打ちたい人必見!打ち方と練習方法!

ゴルフの打ち方の一つで、右(左利きの人は左)方向へボールを飛ばし、落ちる時に左(左利きの人は右)へ曲がるボールをドローボールと言います。風の影響を受けにくい、飛距離が出やすいなど、様々なメリットがあると言われており、ドローボールを打ちたいという人は多くいますが、理想のドローボールを打つためにはかなりの訓練が必要です。

打ちたい方向の手前に障害物があった場合など、ドローボールをマスターすれば、様々なコースで役立ちますので、ぜひ習得してゴルフをもっと楽しんでみてください。

■ドローボールのメカニズム

ドローボールが曲がる理由は、フェースの向きによってボールに回転がかかっているからです。
以下は右利きを想定して説明しますので、左利きの人は反対で練習してください。

スイングの軌道はボールを右へ打ち出すようにし、そのインパクト時のフェースの向きは左を向いている場合、打ったスイングの方向と逆の力が加わり、反時計回りの回転がボールにかかります。
その結果、右へ押し出されたボールは右に飛んでいきますが、最終的には左回転の力で、左へ曲がって落ちていくのです。

■ドローボールはどうやって打つの?

まずは自分の打ちたい場所の向きより右の方へボールを飛ばす必要があります。
練習方法としては、インサイドアウトで右側に向けてボールを飛ばせるように練習をします。

右方向へボールを打ち出すスイングをマスターしたら、フェースの向きをスイングしていた方向よりやや内側に向けて、スイングはもう一度先ほどと同じように右方向へボールを打ってみましょう。右へ打ったボールに回転がかかって、目標の方向に向かって左に曲がっていけば成功と言えます。
フェースを目標方向より内側へ向けすぎてしまうと、あまり飛ばないかもしれません。

■上達するための練習ポイント

右側へボールを飛ばす練習をする際は、左足を半歩下げ、オープンスタンスにして右側へ飛ばせるよう練習してみてください。体の向きとボールを飛ばしたい方向が逆なので、難しいと思いますが、インサイドアウトの体の動きが理解しやすいはずです。

イベント情報

ゴルフのリストターンで意識するべきポイントとおすすめの練習方法!

ゴルフで「リストターン」という言葉を聞いたことはありますか?リストターンができるようになれば、飛距離を伸ばすことができるかもしれません。今回はリストターンについて解説していきます。

■ゴルフのリストターンとは?

ゴルフでボールを打つ動作をした時に、手首だけに注目すると、ゴルフクラブ上方を持つ手首が返る瞬間があると思います。ゴルフでボールを打つ直前に、この利き手と反対側の上方の手首を返す動きをリストターンと言います。

手首が返ることによって、ボールに当たる瞬間にクラブのヘッドが素早く動いたり、ボールをしっかり掴んで利き手側に飛んでいかなくなり、飛距離が伸ばしやすくなります。しかし、手首を返すことは不安定な動きになるので、アプローチなどボールの距離や方向の調節が大切になるショットではリストターン不要になり、手首を固定していった方が良い場合もあります。

■リストターンで意識するべきポイント

名前の通り、リストターンでは手首が返りますが、実際に体を動かす時に手首を意識してしまうと、打球をコントロールしにくかったり、ひねりすぎて手首を痛めるかもしれません。

リストターンで意識するべきポイントは、手首を回すことではなく、ボールを打つ瞬間にクラブの上方を握っている(利き手と反対の)手の小指にグッと力を入れることです。握ったクラブを振り下ろし、ボールに当たるその寸前に瞬間的に小指の握る力を強くすることで、ヘッドの向きが変わり、意識しなくても手首が返るようになるでしょう。

■リストターンの練習方法

リストターンのおすすめの練習方法は、上記のポイントを抑えたショットを安定してコントロールできるようになることです。
ボールに当たる寸前のタイミングで、クラブの上方を握る手の小指にグッと力を入れられるように練習すると良いでしょう。タイミングが合うようになれば、クラブヘッドがボールに当たる瞬間のスピードも出ていると思います。打ち終わった時でもクラブを小指の握る力だけで握っているような感覚を練習していくといいかもしれません。

イベント情報

6インチプレースのルールとプレースとリプレースの違いを徹底解説!

ゴルフのルールの中に6インチプレースというものがあります。今回は6インチプレースがどのようなルールなのかを解説するとともに、プレースとリプレースの違いについても説明していきます。ぜひ参考にしてください。

■6インチプレースとは?

6インチプレースとは自分が打ったボールが障害物や地形の問題などで打ちにくい場所に落ちた場合に6インチ(15.24㎝)以内であれば自由に動かしていいルールのことです。しかし、6インチプレースは正式なルールではありません。ゴルフ場が決めたローカルルールの1種で公式の大会では行われていません。

■6インチプレース可能なスルーザグリーンとは?

スルーザグリーンでは6インチプレースのルールが適用されます。
スルーザグリーンとはコース内のハザード(バンカーやウォーターハザードなど)を除いたティーグラウンドからグリーンまでの範囲のことです。プレーの際にゴルフのルールが適用されている範囲やペナルティを表す言葉として使われています。

■プレースとリプレースとの違い

プレースとリプレースは類似している言葉のため、間違って解釈している方もいるのではないでしょうか。ここではプレースとリプレースの違いについてそれぞれ説明します。

・プレース
プレースとはプレー中にボールを置く行為のことです。元にあった場所にボールを置くのではなく、違う場所に置いたり、別のボールを置いたりする行為が該当します。

・リプレース
リプレースとはプレースとは違い、ボールを元の位置に戻すことです。

■まとめ

今回は6インチプレースのルールについて、またプレースとリプレースの違いについて説明してきました。
6インチプレースというルールについては賛否両論あります。6インチプレースは便利なルールである一方で、ショットが困難な状況からいかに打開するか考えることもゴルフの楽しみの1つといえます。6インチプレースも含めて、ぜひ自分なりのゴルフの楽しみ方をみつけてください。

イベント情報

ゴルフのルール改正によるバンカー内での影響は?正しい打ち方も解説!

ゴルフでバンカーショットがうまく打てなかったり、バンカーを1回で脱出したいと考えている方もいるのではないでしょうか。今回はバンカーショットの打ち方を説明していきます。また、バンカー内でのルールや、2019年の改正後のルールについても説明します。

■バンカーショットの打ち方は?

バンカーショットの打つ際に気をつけるポイントは「構え方」と「打ち方」です。

・構え方
構え方の手順は、まずゴルフクラブのフェースを開きます。
フェースを開いたら、グリップし直してクラブに合わせてスタンスをとるようにしてください。

・打ち方
バンカーを脱出する時はボールを直接打つのではなく、ボール手前の砂ごと吹き飛ばすように打つ必要があります。サンドウェッジの歯から入るとヘッドが砂の中に入っていくため飛ばすことが難しくなります。地面(砂)とヘッドに角度をつけることによって砂を飛ばしやすくなります。

■ゴルフのバンカー内のルールは?

現在のバンカー内での禁止行為は以下となっています。

a.そのハザードや他の同じようなハザードの状態をテストすること。
b.そのハザード内の地面やそのウォーターハザード内の水に自分の手やクラブで触れること。
c.そのハザード内にあるか、またはそのハザードに触れているルースインペディメントに触れたり、それを動かすこと
引用:日本ゴルフ協会 ゴルフ規則13-4

つまり、砂の状態確認をはじめ、ショットするまではゴルフクラブや手で砂には触れてはいけないというルールです。また、ルースインペディメント(枝や枯れ葉などの自然物)にも触れることが禁止されています。
これらの規則を違反した場合はストロークプレーの場合は 2打罰、マッチプレーだとそのホールの負けとなります。

■ルール改正後のバンカー内のルールは?

2019年1月1日よりゴルフのルール改正が行われます。
バンカー内での主な変更点は以下です。

・バンカー内のルースインペディメントを取り除くことができる。
・バンカーで2打罰を加えたらバンカー外にドロップすることができる
※参照元:日本ゴルフ協会資料(2019 年規則の主な規則の解説)

バンカーが苦手な方にとっては嬉しい規則変更と言えます。

■まとめ

今回はバンカーショットと打ち方やルールについて説明してきました。
打ち方については練習をする必要がありますが、2019年からルールが改正され、ペナルティを受ければバンカーを脱出することも可能となります。自分にとってどの選択がいいのか考えながらゴルプを楽しんでください。

イベント情報

ゴルフのルール改正はいつから? 2度打ちの原因と新ルールを解説!

アプローチの際など、ゴルフの2度打ちにお悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回はゴルフで2度打ちしてしまう原因を説明するとともに、2度打ちに関するルールを解説していきます。

■ゴルフで2度打ちしてしまう原因は?

ゴルフの2度打ちは、スイング中にクラブヘッドがボールと同じ方向に出てしまい、2度ボールを打ってしまうことが原因です。アプローチの際によく見られるミスの1つです。

ボールの進行方向とは違う方向にクラブヘッドが進むようにすることにより、2度打ちを防ぐことができます。手先だけでなく体全体を使ってクラブヘッドを内側に振り抜くように心がけましょう。

■従来の2度打ちルール

2度打ちをした場合はペナルティーが与えられます。
日本ゴルフ協会のゴルフ規則14-4では以下のように記載があります。

「プレーヤーのクラブが1ストローク中に2回以上球に当たった場合、プレーヤーはそのストロークをカウントし、それに1打の罰を加えて合計2ストロークとしなければならない」
※引用:日本ゴルフ協会ゴルフ規則

1ストロークで2回以上打ってしまった場合は、1打罰が与えられることになります。
つまり、1ストローク中にボールを3度打ってしまった場合も1打罰となります。

■改正後の2度打ちルールは?

2019年よりゴルフのルール改正が行われます。
現在では2度打ちには1打罰というペナルティーが与えられていますが、ルール改正後には2度打ちによるペナルティーが無くなります。そのため、2度打ちをしてしまった場合でも、そのストロークは”1打”としてカウントされます。2度打ちを頻繁にしてしまう方にとっては朗報ですね。

■ルール改正はいつから?

具体的にルール改正はいつからなのか気になる方もいるのではないでしょうか。
ゴルフのルール改正は2019年1月1日よりルール変更が行われます。
2度打ちに関しては不可抗力によって2度打ちしてしまった場合は罰を課す必要がないということです。ルールの改正は2度打ちに限らず行われますので、気になる方はぜひ確認してみてください。

 

イベント情報

5番アイアンの打ち方をやさしく解説|アイアン上達法とは?

数多くあるゴルフクラブの中で、ゴルファーたちがもっとも苦手としているクラブと言われるのが「5番アイアン」です。

シャフトが長く芯に当てるのが難しいこと、クラブヘッドが小さい分スイートスポットが狭く、ミスがわかりやすく現れてしまうこと、ソール幅が狭く「ダフり」に弱いこと…。

こういった要因から苦手意識を持つ方も多いですが、5番アイアンを使いこなせるようになるとスコアアップにも繋がるうえ、ゴルフ全体の質が向上するとも言われています。ここではそんな5番アイアンの正しい打ち方、練習法をご紹介します。

●5番アイアンの正しい打ち方

・短く持つこと
ロフト角が立っている5番アイアンは短く持つだけで飛距離が出るでしょう。上手く打てないと感じている時には、グリップを少しだけ短く持ってみてください。短く持ってもミート率が上がれば、飛距離は安定します。

・ボールを体の左側に置くこと
ゴルフクラブが長くなればなるほどターゲット側にボールを置く必要があります。この時、ボール位置ばかりに気を取られ、ターゲット方向に真っ直ぐ向くということを忘れないようにしましょう。

・打ち込まないこと
かつてのゴルフクラブは芯(スイートスポット)が中央付近にあるものが多かったですが、現代の進化したクラブは重心が下の方に設定されています。この仕組みによってボールは上がりやすい状態になっており、無理やり打ち込む必要はなくなりました。真横から打つくらいのイメージでレベルスイングを心掛け、水平にボールを捉えればロフト角にとって上げてくれるでしょう。

・振り抜くこと
ミスを嫌がって恐る恐る振ることは、更なるミスを招く要因になります。ミスショットのイメージがあり怖いかもしれませんが、上手くいくイメージをもって最後まで振り抜きましょう。スイングを加速させ、しっかり振り切ることができれば、少しダフったとしてもボールは飛んでくれるでしょう。

●5番アイアンの正しい練習方法

・ティーアップして練習
直置きしたボールだとまず上げることが難しいので、ティーアップした状態からはじめてみるというのがオススメです。ボールが左右に曲がるなど、自身のスイングのクセや問題点を見つけましょう。

・しっかりと振り抜く練習
実際のラウンドではミスを恐れるあまり、置きにいったようなスイングになりがちです。なので、練習場では思い切って振り抜くことを意識して取り組みましょう。

・腕と体の一体感を意識して練習
5番アイアンのシャフトは長いので、どうしても腕と体のバランスが崩れてしまいがちです。常に腕と体の連動を意識して、イメージとしては常に腕が胸の前にあるように意識してスイングしてみましょう。

イベント情報

ピッチングウェッジの正しい使い方とは?ピッチングウェッジの特徴と失敗しない打ち方を紹介

アプローチしたい時など、ピッチングウェッジの出番は多いです。使いこなせないと、チャンスを逃してしまうかもしれません。今回は、ピッチングウェッジの特徴や正しい打ち方、ミスをしないコツを解説します。

ピッチングウェッジの特徴について

ピッチングウェッジの飛距離は約100ヤードほどなので、短距離〜中距離の間で使うのに適したクラブです。また、細かく距離を調節できるのも強み。グリーンに乗せたい「ここ一番!」という時に、頼りになるクラブです。

ピッチングウェッジの正しい打ち方

ピッチングウェッジの正しい打ち方は以下の通りです。

①ボールが右足の先より少し前になるよう足を開く
ボールの位置は、中心からやや右足寄りに配置してください。この時、足を開く間隔は体の幅と同じぐらいがちょうど良いでしょう。アプローチしたい距離が近い場合は狭めるとコントロールしやすくなります。

②グリップを短く持つ
ドライバーのように思いっきり打つものではないので、無駄な力が入らないようグリップを短く持ってください。

③ハンドファーストで持ち上げて打つ
ハンドファーストとは手首が打つ方向に先行する打ち方です。強い弾道で進むのが特徴です。

ピッチングウェッジでミスしないコツ

ピッチングウェッジは非常にダフりやすい(地面を削る)クラブです。なので、ミスしないためには、クラブと地面の距離を掴むようにしましょう。具体的な距離感は、素振りをしたら「地面にかする程度」です。

最初からこの感覚を掴むのは難しいかもしれませんので、素振りを繰り返して感覚を掴みましょう。コースを回っている時は、ピッチングウェッジを使う時に数回素振りをして、距離感を復習してから打つとミスが減ります。

まとめ

ピッチングウェッジは使う場面の多いクラブです。これを使いこなせるだけで、チャンスが増えます。初心者の方も使い方をマスターして、良いスコアを目指しましょう。

イベント情報

ゴルフでボールが芯に当たらない日に実践したいこと3選

ゴルフをやっていると、ボールが芯に全然当たってくれない日もあるでしょう。こういう日が来ても落ち込む必要はありません。原因を知って、ちゃんと当たるよう心がければ、いつも通り打てるようになるでしょう。今回は、当たらない原因と、当たらない日に実践したいコツを3つご紹介します。

芯に当たらない原因とは?

芯に当たらない原因は、体がブレてしまっているからです。いつもは当たっているのに今日に限って当たらないという方、体のブレに注目してみてください。いつも通りスイングしているつもりでも、ミートする瞬間に動いている可能性があります。

また、ブレ方によって原因は大きく変わります。

・左右にブレる場合
左右にブレる方は、足に体重がかかっていないかもしれません。クラブを振り上げた時やミート時に、体が動く場合は要注意です。

・上下にブレる場合
上下にブレる場合は「背骨」「膝」「股関節」の角度がズレている可能性があります。

ゴルフボールが芯に当たるようになるコツ3選

では次に、ゴルフボールが芯に当たるようになるコツをご紹介します。

・ベタ足スイングで素振り
左右にブレる場合、体重は足の外側に集中している可能性が高いです。そこで、あえてベタ足にすることで体重を足の裏に集中させます。これで素振りをすることで、正しい体重移動ができます。何回か素振りをして体を慣らしてからボールを打ちましょう。

・姿勢の角度を少し深くする
上下にブレる場合、ミートの瞬間に体が起き上がっていることがほとんどです。それを逆に利用して、いつもより姿勢の角度を深くすれば当たるようになります。ただ、癖になってしまう可能性があるので、あまり多用しないようにしましょう。

・力を抜いてスイングする
体がブレる場合、体に無駄な力が入っているかもしれません。力を抜いてリラックスさせましょう。

まとめ

以上が、ゴルフが当たらない日に実践したい3つのポイントです。ゴルフを続けていれば、当たらない日は稀に訪れます。その時は慌てず、スイングを見直すなどして対処しましょう。

系列ゴルフコース

鎌倉パブリックゴルフ場

〒247-0052 神奈川県鎌倉市今泉5-1003
TEL 0467-44-8185 FAX 0467-44-8188
電話予約受付時間:10:00縲鰀18:00

PGパスポート会員募集中!
入会金¥5,400(税込)年会費なし

モバイルPC